フラッドチャニ(Hradčany)

プラハ城の周辺・フラッドチャニ区

    フラッドチャニ区はプラハ城とお城の周辺を含む地域です。その区の中心はフラッドチャニ広場、そこでプラハ城のメイン入り口、大司教宮殿、シュワルツェンベルグ宮殿、トスカーンスキー宮殿などの有名な建物を見られます。
    プラハ城のメイン入り口は広場の西側にあります。正門のそばに北側でロココ様式で飾られている大司教宮殿があります。大司教宮殿の左側でシュテルヌベルク宮殿があり、その宮殿でチェコ国立ギャラリーは古代画家の収集を展示されています。広場の南側に白黒の模様で飾られたルネサンス様式のシュワルツェンベルグ宮殿があって、そこでチェコ国立ギャラリーはバロック時代の美術を展示しています。広場の真中でガス柱とペストの柱が立っています。


フラッドチャニ広場の東側の方向にロレタ通りがロレタ広場までつながってます。ロレタ広場でバロック時代に建てられたチェルニヌスキー宮殿が建てられています。300メートルのこの宮殿の正面長さはチェコにある宮殿の中で最も長いです。
    ロレタ広場の北側でカプチン会の修道院が立っています。その教会でユニークな建築物やカプチン会の宝物が展示されています。
    フラッドチャニ区の東南に12世紀に創立されたストラホフ修道院があります。修道院で有名な図書館が残っており、修道院の展望台から全体のプラハの中心をきれいに見ることができます。


市内観光周辺観光観光バスリムジンカー
コンサートの予約
割引
プラハの交通治安│ 

イベント予約



人形劇
コンサート
クルーズ
ブラックライト・シエーター
キャバレー
ディナー・コンサート
レストラン予約

あなたのホテルを予約する





リンク

海外旅行の最新情報 地球の歩き方
プラハの情報
キャラクターグッズ
日本・チェコ語
海外旅行の最新情報 プラハの情報 チェコのキャラクターグッズ 日本・チェコ語



広告