市民会館(Obecní dům)

市民会館(Obecní dům)の歴史

   オベツニー・ドゥーム(Obecní dům)日本語で市民会館、この建物はプラハのアール・ネーヴォーで1911年に出来た建物です。当時のチェコの有名な美術家例えばアルフォンス・ミュシャ(Alfons Mucha)などが華麗な装飾をほどこしました。正面のモザイクには「プラハ感謝」の名前があり、町の景色と色々なチェコ王国のシンボルをここで見ることが出来ます。内部には有名なスメタナ・ホールがあります。このホールで「プラハの春」と言う音楽祭の公開コンサートが行われます。 市民会館の見学はほぼ毎日行われています。見学は英語で行われる、けど日本語の文章を貰うことが可能です。

開館時間、アクセス、入場料などの情報

スメタナ・ホール、吉舎店、スラブ室(ミュシャの壁画がある部屋)、東洋室、市長ホールなどのインテリアー
このページで時間表を見られます:  www.obecnidum.cz
無し
大人:290コルナ
子供や年寄り240コルナ
家族:500コルナ
()
10コルナかユーロの50セント


nám. Republiky 5, 111 21 Praha 1
(+420) 222 002 101
info@obecnidum.cz
www.obecnidum.cz
地下鉄B線 > Náměstí Republiky 駅

市内観光周辺観光観光バスリムジンカー
コンサートの予約
割引
プラハの交通治安│ 

イベント予約



人形劇
コンサート
クルーズ
ブラックライト・シエーター
キャバレー
ディナー・コンサート
レストラン予約

あなたのホテルを予約する





リンク

海外旅行の最新情報 地球の歩き方
プラハの情報
キャラクターグッズ
日本・チェコ語
海外旅行の最新情報 プラハの情報 チェコのキャラクターグッズ 日本・チェコ語



広告