プラハの交通

プラハの交通機関

   プラハ市営の交通機関は、地下鉄と市電と市バスがあります。その三つについて少しお話ししていきましょう。
   プラハ地下鉄の工事は1966年に始まり、1974年に地下鉄が開通しました。現在は三つのラインがプラハの地下を通っています。緑色のA線、黄色のB線、そして赤色のC線です。地下鉄はプラハ市民にとって欠かせない交通手段となっています。プラハ地下鉄の全路線距離はおよそ50キロメートルで、駅数は50以上になります。さらに毎年路線が延長されたり、新しい駅が出来たりしています。地下鉄の運転時間は朝4時半から夜の12時半です。地下鉄は朝と夕方2分おき少ない時は5~10おきぐらいです。市電とバスは朝と夕方2分おき少ない時は30分おきぐらいです。

   地下鉄以外にも、プラハはトラム(路面電車)でとても有名です。トラムの歴史は1875年に幕開けします。19世紀に馬車のトラムから始まり、1905年には現在使われているような電気で走るトラムへと改良されました。現在のトラムの全線路距離はおよそ560キロメートルです。日中のプラハにはおよそ26路線トラムが走っており、夜中には夜行トラム9路線がプラハ市民の足となります。
    プラハのバス交通は1925年に始まりました。現在は日中に153路線、夜中に12路線が走っています。バスの全路線距離はおよそ2120キロメートルに及びます。
   これらの一般的な交通手段以外にも、ペトシン丘のロープウェイ及びヴルタヴァ川のフェリー交通もプラハ市交通グループに含まれています。

切符購入
32コルナ(大人)
16コルナ(子供)
有効期間:切符を黄色い機械に通して、日時が記入されてから90分間有効、乗り換え可能、プラハ市内全域で使用可能
24コルナ(大人)
12コルナ(子供)
有効期間:切符を黄色い機械に通して、日時が記入されてから30分間有効、乗り換え不可能、地下鉄5駅間有効
その他の便利なチケット
110コルナ(大人)
50コルナ(子供)
一日乗車券(24時間有効)
310 コルナ 3日間(72時間)有効



地下鉄や労面電車図 PDF

時刻表

プラハ周辺バス、電車、などのチケットの手配

運転代行と貸切バス手配

タクシー手配

   プラハの一般観光には一日乗車券より2、3枚の26コルナか18コルナの切符の使用をPURAHA.CZはお勧めします。

プラハ交通博物館(Muzeum MHD)|

市内観光周辺観光観光バスリムジンカー
コンサートの予約
割引
プラハの交通治安│ 

イベント予約



人形劇
コンサート
クルーズ
ブラックライト・シエーター
キャバレー
ディナー・コンサート
レストラン予約

あなたのホテルを予約する





リンク

海外旅行の最新情報 地球の歩き方
プラハの情報
キャラクターグッズ
日本・チェコ語
海外旅行の最新情報 プラハの情報 チェコのキャラクターグッズ 日本・チェコ語



広告