プラハの小地区(Malá Strana)

プラハの小地区(チェコ語でマラー・ストラナ(Malá Strana))の歴史、見所などの情報

    プラハ城の下に小地区という城下町が広がっています。小地区は8世紀ごろにできて、どんどん発展して広がりました。13世紀に王の町になりました。 14世紀から小地区と旧市街はカレル橋で結ばれました。中世時代にプラハ城の近くに貴族は宮殿をよく建てたので小地区で宮殿の建物が多く見られます。現在はたくさんの宮殿の建物をいろいろな国が大使館として使っています。
    昔からは小地区の中心は現在の小地区広場にありました。現在はその広場の真ん中に18世紀の初めごろにバロック様式で建てられた聖ミクラーシュ教会があります。
    小地区広場(Malostranské náměstí)からプラハ城までネルドワ通り(Nerudova ulice)が通っています。ネルドワ通りでたくさんの紋章がある家を見ることができます。昔はプラハで家に紋章や名前を付けて、住所の変わりにその特別な名前を使っていました。
    小地区にもプラハの最も大きいバロック様式のワルヅシュテイヌスキー宮殿 (Valdštejnský palác) やその宮殿の庭があります。宮殿の乗馬館や馬小屋は2000年に行われた修復の後、チェコ国立ギャラリーの展示会場になりました。その宮殿の庭でルネサンス時代の銅像、噴水、庭園美術を見学することが可能です。夕方に庭園にある劇場でコンサートや劇が行われます。

ワルヅシュテイヌスキー宮殿のクジャク



小地区の有名な見所は


聖ミクラーシュ教会(sv. Mikuláš)
カフカ博物館(Kafka Muzeum)
音楽博物館(Muzeum hudby)
カンパ中の島
ネルドワ通り


市内観光周辺観光観光バスリムジンカー
コンサートの予約
割引
プラハの交通治安│ 

イベント予約



人形劇
コンサート
クルーズ
ブラックライト・シエーター
キャバレー
ディナー・コンサート
レストラン予約

あなたのホテルを予約する





リンク

海外旅行の最新情報 地球の歩き方
プラハの情報
キャラクターグッズ
日本・チェコ語
海外旅行の最新情報 プラハの情報 チェコのキャラクターグッズ 日本・チェコ語



広告