火薬塔(Prašná brána)

旧市庁舎の塔 旧市庁舎の塔から見える聖ニコラーシュ教会 旧市庁舎の塔 旧市庁舎の塔 旧市庁舎の塔 旧市庁舎の塔

火薬塔(Prašná brána)

    火薬塔は15世紀終わりごろにプラハの旧市街の入り口として建てられた門です。塔はゴシックの終わりごろとルネサンスのはじめごろに建設されたので両方の建築様式の特徴や飾りスタイルをここで見ることができます。17世紀に火薬置き場として塔を使ったので塔はその時代から火薬塔と呼ばれます。19世紀に塔の建て直しが行われました。現在の塔の高さは65メートルです。
    186段の階段を上がると44メートルの高いところから旧市街やプラハ城の景色を見られます。

開館時間、アクセス、入場料などの情報

見学コース ガイドなしの塔の中の見学:橋の歴史、旧市街や新市街の景色
所要時間:約20分
開館時間 毎日 
月曜日 11:00 - 18:00
火 - 日曜日 9:00 - 20:00
休みの日 無し
入場料 大人: 70コルナ
子供やシニアー: 50コルナ
家族: 200コルナ
お手洗い なし

住所 Prašná Brána
Na Příkopě, 110 00 Praha 1
電話 (+420) 724 063 723
アクセス 地下鉄 B線 > Náměstí Republiky > 徒歩2分

リンク

海外旅行の最新情報 地球の歩き方
プラハの情報
日本・チェコ語
海外旅行の最新情報 チェコの情報 チェコのキャラクターグッズ 日本・チェコ語



広告