プラハの新市街(Nové Město) プラハの情報

サーチ

カゴと支払う


合計 0,- コルナ
(日本円
0,-
   

関係リンク


プラハの時間



プラハの新市街(Nové Město)

 Click for Prague, Czech Republic Forecast



    プラハの新市街をカレル四世というボヘミア王国の王様と神聖ローマ帝国の王帝が1348年に創立されました。カレル4世はプラハを神聖ローマ帝国の首都として選んで、当時の小さな町を広げました。その広げた地域を当時から新市街と呼ばれています。 14世紀の新市街はモダーンな町でした。町で広い通りがあって、いくつもの大きい広場もありました。最も大きい広場はカレル広場と呼ばれています。その広場にも新市街の市庁舎があります。
  カレル広場で市庁舎以外には18世紀に建てられた聖イグナーツ(Sv. Ignác)教会があります。教会の後ろとそばに新市街の最も大きい修道院はあります。現在はイエズス会がその修道院の部分だけを使って他の建物で病院があります。カレル広場には地下鉄のB線が通っています。カルロボ・ナーメスチー (Karlovo Náměstí)駅です。
   新市街にもプラハの二番目に大きい広場ヴァーツラフ広場があります。昔はその広場で馬の市場があり、現在のヴァーツラフ広場はプラハの賑やかなところの一つになりました。広場の正面に国立博物館があり、そこで地下鉄のA線とC線が交わるムゼウムの駅(Muzeum)があります。坂を下ると地下鉄のA線とB線が交わるムーステック駅(Můstek)があります。
   ワーツラフ広場と火薬塔とつなぐ通りはナプジーコペフ(Na Příkopech)で、堀の上と言う意味です。中世時代にここで堀と城壁があったからです。ナプジーコペフ通りでブランドの店が集中しています。モーゼルと言うボヘミアの最高級グラスの専門店の本店もその通りの中心にあります。モーゼル割引券も提供しています。
モーゼルの本店の近くにもミュシャ博物館があります。


新市街のヴァーツラフ広場、聖ヴァーツラフの騎馬像、国民博物館


プラハのパノラマ・マッププラハのガイドブック
プラハ城のガイドブックチェコグッズ
コンサートの予約
プラハのツアー
割引
プラハの交通治安│ 



リンク
海外旅行の最新情報 地球の歩き方
チェコ共和国の情報
プラハの情報
海外旅行の最新情報 チェコ共の情報 日本・チェコ語



広告