カレル橋の小地区側の塔(Malostranská mostecká věž)

カレル橋の小地区側の橋塔の概要

    カレル橋の小地区側(Malá strana)の二つの橋塔のうち、左側の低い方は1411年に建てられ、その後1591年にルネサンス様式へと建てかえられました。二つの塔が連結された部分には、14世紀のチェコ国王の紋章が刻まれています。一方右側の高い方の塔は1464年に建てられたものです。高い塔の高さは45メートルの階段をもち、26メートルの高さまで上ることが可能です。

開館時間、アクセス、入場料などの情報

見学コース ガイドなしの塔の中の見学:橋の歴史、旧市街や小地区の景色
所要時間:約20分
開館時間 毎日 
4月、9月、10月  10:00 - 18:00
5月 - 8月 10:00 - 19:00
12月 - 3月 休み
休みの日 無し
入場料 大人:70コルナ
子供やシニアー50コルナ
家族:200コルナ
スーベニアや土産物
お手洗い 10コルナ


地図の拡大

リンク

海外旅行の最新情報 地球の歩き方
プラハの情報
日本・チェコ語
海外旅行の最新情報 チェコの情報 チェコのキャラクターグッズ 日本・チェコ語



広告